パチンコ牙狼を破壊!?ハンマーおじさんとは?その後どうなったの?
スポンサーリンク

パチンコ牙狼を破壊したことで話題になったハンマーおじさん。

ガロウおじさんがどういった経緯でパチンコを壊したのか?そして、その後どうなったのか?

ガロウおじさんに関してわかることすべてをこの記事にまとめてみました。

ハンマーおじさんについて

ハンマーおじさん事件とは?

まず、ハンマーおじさんの事件について知らない方は以下を読んでください。

2016年7月6日、埼玉県八潮市にあるパチンコ店「やすだ八潮店」にてパチンコをしていた生活保護受給者の無職男(52)は一旦帰宅後、刃渡り18cmの出刃包丁と溶接用カストリハンマーを持ち出し、午後4時53分ごろ再び同店に参上。包丁で客や店員に脅迫し、「わしの金が消えて店長のフェラーリに変わっとるんや」などと叫びながら牙狼魔戒の花約30台(J-CASTニュースより)のガラス等を破壊した。逮捕時の所持金はたったの500円だった。
動画を見る限り、出玉の入ったドル箱には手を出さない紳士であった。またけが人もなかった。
その一部始終がネット上にアップされ拡散、もちろんニコニコ動画にもアップされ、さらにはMADも作られた。

引用元:ニコニコ大百科 https://dic.nicovideo.jp/a/ハンマーおじさん

ニコニコ動画にあっぷされたMADはこちら↓

ハンマーおじさんのその後

ハンマーおじさんは、この事件で懲役1年、執行猶予3年の罪に問われたみたいです。

検事には2度とやらないと誓い、現在は解体工の仕事をしているとか…

 

罪としては器物破損、銃刀法違反、営業妨害といったところでしょうか。

ただ、器物破損の請求額はものすごいことになりそうですね。

概算してみましょう。パチンコ牙狼1台が当時約30万円として、それが30台。単純計算で30万×30台=900万円。

これに業務妨害の損害賠償額を合わせると1000万円以上になりそうですね。

負けすぎると台を壊したくなる気持ちも、多少わかりますが、それでも代償が大きすぎますね。

台パンやレバーを思いっきり叩くのも、気を付けた方がよさそうです。

ハンマーおじさんに対するパチユーザーの声

・生活保護受給者じゃなければ同情できた…

・彼こそ日本最後のラストサムライ

・社会的にはダメだけど、パチユーザーからしたら伝説の英雄

・パチンコに負けた時は、ハンマーおじさんの動画を見に来るとすっきりできる

 

生活保護受給者でなければ…という意見もチラホラ。

パチンコユーザーは、負けてイライラすることを経験しているため、ハンマーおじさんに同情する声も多くみられました。

パチンコは生活費ではなく、あくまでお小遣い程度で遊ぶのが健全ですね。

ホール全体でみれば運営者が勝つようにできているのがパチンコ。

第二のハンマーおじさんが出てこないことを願うばかりです。

 

 

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう