7月7日名古屋ゼント北の出玉感紹介!全6機種も?まさかの〇時に打ち切り!?
スポンサーリンク

7月7日はスロッターにとって最も設定に期待できる日!!

「どうせならちゃんと設定が入るお店で勝負がしたい!」そんなスロッターは多い事でしょう。

 

7月7日にアツい店といえば、ゼント系列の中でもトップクラスの台数を擁する「ZENT名古屋北」

前日の閉店後から客が並び、次の日の朝になる前には打ち切り必死という、

7/7にかなり期待が持てることで全国的に有名なパチンコ店です!

かなりアツいという噂を聞きつけ、私も2019年の7月7日に実際に並んでみました!

今回は、朝一の抽選状況や各機種の出玉感についてレポートします!

やっぱりあの機種が全6??

抽選について

まさかの〇時に打ち切り!?

7月7日は抽選開始時間当日の7時30分からです。

それまでに抽選人数が1900人に到達すると打ち切りとなります

愛知県からはもちろん、県外からもたくさんの人が集まるのでかなり早い時間に打ち切りになる可能性が大です。

 

2018年の7月7日は、朝の4時に並びで打ち切りになったそうです!

 

その情報を知り、念のためかなり早めに現地へ向かいAM1時くらいにゼント北へ到着したのですが…

なんと、1時の時点で1800人が並んでいました!!

おそらく昨年、4時に打ち切りになったということでたくさんの人が私と同じように早めに並びにきたのでしょう。

来年はさらに並びの打ち切り時間が早くなるかも!?

 

結局、「2019年7月7日」ゼント名古屋北の打ち切り時間はAM2でした。

その後も、続々と人が並びに来ていました…さすがに2時に打ち切りとは想定してなかった人が多いみたいです。

 

ちなみに、一番の人は7月6日の21時頃から並ばれていたそうですよ。

まさかの前日の営業中!!

 

抽選並び中のルールがなかなか厳しい

7月7日のゼント名古屋北の抽選並びではいくつかのルールが決められています!

このルールが少し変わっているので紹介しておきます↓

7/7 ゼント名古屋北 抽選並びのルール
・飲食、飲酒の禁止
座り禁止(原則立って並ぶ)
 
 ここだけの話、ほとんどの時間はみなさん座っておりました。
 
 店員さんが注意しに来ると、立つように促されるのですが、そのうちぽつぽつと座る人が現れて徐々に座る人が増えていくというのを繰り返していました。
 
 座りについては、そこまで厳しくありませんが一人分のスペースはかなり狭く、寝たりすることはできませんのでご注意ください!

 

スポンサーリンク

各機種の出玉感について

朝一はどの機種から埋まる?全体的なホールの出玉感は?

朝一は、バジリスク絆から埋まり、続いてハーデス、凱旋、番長3等のメインどころから埋まっていきました。(私の友人が110番付近だったので彼に確認しました)

 

365番で私は入場しましたが、上記機種に加えて、聖闘士星矢海王覚醒やリゼロも満席でした。

なお、抽選順番についてですが、抽選順番券が各番号で2枚あるものが存在するみたいなので、実質365番より多くの人が私の前に入場していました。

 

AT,ART機のメインがほとんど埋まっていたので、ハナハナコーナーへ向かうと、ぽつぽつと空いていて余裕をもって座ることができました。

 

続いて、全体的なホールの出玉状況ですが、それなりの出玉感が各機種にありました。

メインどころについては、1/2もしくは1/3で設定が使われていそうな履歴が見られます。

 

また、バラエティーコーナーも何台か別積みがあり、盛り上がっていたのでどこに座ってもチャンスがあるような設定の入れ方をしているのだと思われます。

 

まさかの全6!?2019年の当たり機種はこれ!

2019年7月7日ゼント名古屋北で最も強かったのがこの機種!

Re:ゼロから始める異世界生活

 

データを見る限り40台ほとんどがプラス!全6も望めるようなグラフでした!

勝率は驚異の92%

差枚+3000枚以上の台19台もありました!

 

7/7ゼント名古屋北 リゼロのデータ
設置台数 40台
差枚プラス 37台(勝率92%)
差枚+3000枚以上 19台

 

看板機種のひとつであるハナハナコーナーの出玉状況について

私は、ハナハナコーナーに着席したのでその印象について。

個人的な感想なのでご注意ください。

 

7月7日、ゼント名古屋北のハナハナコーナーの設定のベースはそれなりに高かったと思います。

 

設定4が多く使われ、各機種に数台5.6が混ざっているかなという印象です。

ただ、台数がかなり多い中での数台なので、設定5.6をツモりたいという人にはオススメできないです。

昨年、ハナハナに着席したという方に話を聞きましたが、昨年も今年と同じ傾向だったみたいです。

 

ハナハナで一番盛り上がっていたのが、ハナハナシリーズ最新作のプレミアムハナハナでした。

他のハナハナ機種よりベースが高かったと予想されます。

プレミアムハナハナについては、1400番台が圧倒的に強かったです。

もしかしたら、ハナハナシリーズは固めて入れてくる傾向があるのかもしれません。

 

まとめ

7/7ZENT名古屋北まとめ
・抽選はAM2時で打ち切り(2018年はAM4時で打ち切りだったみたいです)
・並びはかなり狭いスペースなので、基本的に寝ることはできないしかなり体に堪える
・朝一はAT、ART機のメインどころ(絆、ハーデス等)から埋まる傾向がみられた
・バラエティーを含め、全機種に何台かは設定が使われている印象
・ダントツで設定状況が良かったのが、Re:ゼロから始める異世界生活。全456もしくは全6。
・ハナハナは高設定台がいくつかあるものの、4がメインで5.6は少ないと思われる

 

以上、7月7日のZENT名古屋北のレポートでした。

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう