仕事を辞めたスロプロが語るスロプロのメリットとデメリットとは??
スポンサーリンク

どーも、こんにちは!

ぱちんこタイムズ管理人です(/・ω・)/

仕事を辞めて、一年近くが経ちました…

仕事を辞めてから一年間スロットだけで生計を立てていく中で、スロットのプロのメリットとデメリットに気づいたので今回はそれについてまとめてみます。

「今、仕事を辞めようか悩んでる。」とお悩みの方や、

「スロットのプロって実際どうなの?」と疑問に思った方に向けてメリットとデメリットをご紹介しようと思います!

 

その前に、私がスロプロになった経緯を簡単に書いておきます。

僕がスロプロになった時系列は以下。

「大学3年と4年の間バイト代わりにスロット」→「就職するも1年で退職してしまう」→「1年間専業として稼働」

僕自身、仕事を辞める時はかなり迷いました…ですが結局は仕事を辞める決断をしました。

スロプロの3つのメリット

①自分の行動次第で収入が変わることでモチベーションが上がる

スロプロは自分の選択や行動に大きく収入が左右されます。

僕の場合は、これが大きなモチベーションとなります。

会社で働いていると稼ぎを簡単に失わないという安心感はありますが、やりがいのない仕事しなくてはならないこともあると思います。

スロプロは知識をつけて立ち回りを変えると、自分の収入にダイレクトに影響するのでそれが楽しかったりします!

 

僕は会社にいた時に、毎日生きているような心地がしなかったです。

ただやれと言われたことをやっているだけ、やる気がないからできないの繰り返し…毎日が憂鬱でした。

僕と同じように会社のために働くことに疑問を感じている方、毎日のモチベーションを保つことができていますでしょうか?

環境、収入源を変えることで今より前向きに生きることができる可能性はあります。

無気力で嫌々毎日働くよりはあなたに合った生活スタイルが他にもあるかもしれませんよ。

 

②自分が関わりたくない人と無理に会わなくてもいい

スロプロになると、会いたい人とだけ会うことができ、会いたくない人とは無理に会う必要がなくなります。

会社で自分に厳しくあたるあの人や行きたくもない半強制的な飲み会に行く必要もないです!

会社では無理に笑顔を作らなくてはいけない場面も多いですよね。

そういうことが自然とできるタイプではなかった僕は人と接触するたびに気疲れしてました。

疲れて帰って寝たらまたすぐに仕事の繰り返し…こんな人生でいいのかとすぐに疑問を持ちました。

スロットで稼ぐことは全て自分の行動次第で人に合わせる必要がありません!

会社に強制されたような無益な付き合いをしなくてもいいのは人によってはメリットでしょう。

 

③ライフスタイルを自由に変えられる

スロプロは自分が稼ぎたいときに稼いで休みたいときには自由に休むことができます。

急な土日出勤を頼まれたり、残業を強制されることもありません。

「この日に予定が入ったからそれまでは毎日稼働するぞ」とか「昨日は夜遅くまで稼働していたから今日は11時から稼働しよう」といった具合ですね。

また、体調不良を感じたら早めに体を休めることができるのもメリットです。

会社の場合は体調不良でもインフルエンザなど重い症状でない限り、無理に出社する方がほとんどだと思います。

 

ですが、平日に一人でふらっと映画を見に行けたりもしますよ!

すいてていいですね…(´・ω・)

 

スポンサーリンク

スロプロの3つのデメリット

①パチンコ業界の未来が安泰ではない

昨今、パチンコ、スロットの規制が強化されています。

その規制に合わせて、パチンコ台、スロット台も変化しています。この変化の影響や、

他にも様々な要因があると思いますがユーザーの数が年々減ってきているそうです。

ユーザーが減れば、パチンコ屋の収益が減るのも当たり前ですよね。となると店側としてもユーザーに還元するのが難しくなります。

こうなると負の連鎖でパチンコ業界自体がどんどん縮小していきます。

現在より、稼げる台が少なくなる、設定が入らなくなる、いつそうなってもおかしくはありません。

どんな仕事をしていても安泰とは言えない世の中ですが、スロット業界はその中でも安泰とはほど遠い状況ですね。

極端な話をすれば、明日突然規制が強化され、全国のスロプロが全く稼げなくなるという可能性も0ではないということです。

 

②コミュニケーション能力が低下する

これはスロプロの中でも当てはまる人と当てはまらない人がいると思います。

僕はピンで稼働しているので、一人で台と向き合っていることがほとんどです。

そうなると人と会って話す時間が極端に減ります。

いざ人と会って話すとき、うまく言葉がでてこなくなるんですね。

人は使ってない能力は落ちるといいますが、言語能力もその例外ではありません。

スロットの話題については語ることができますが、世間話というものについていけないことがあります。

無理に人に合わせなくてもいいということは、苦手な人と上手くやっていく力を放棄するのと同義です。

無理にメンタルを疲れさせない分、失うものもあるということですね。

 

③スロットの勉強や店の状況把握を継続的に行う必要がある

これに関しては私はそれほどデメリットとは感じませんが、つらい方もいらっしゃると思い、書きました。

まずスロットの勉強についてですが、すこし大げさな言い方だったかもしれません。

スマホで調べれば大体の情報が出てくるので、新台が出るたびにその台の解析を読むということです

僕自身はこういった解析を読むことは好きなのですが、これをしなくなったら稼ぎは確実に減ります。

まあ、どんな仕事をしても毎日が勉強だと思いますので、強制されない状況下でそれができるかどうかということです。

次に店の状況把握です。これがなぜ必要なのかといいますと、

よく稼働するホールの状況は常に分かっていた方が立ち回りに根拠を持たせられ、収支が良くなる可能性があるからです。

例えば、特定日(ホールが強い日)の何の機種が強いか把握しておけば、その店が今どんな機種を押しているのか

並びで設定を入れるのか、全台系なのか傾向が分かることがあります。

調べた結果、確実に結果がでるというわけでもないのがまた難しいところではあります。

俗にいうスロットがうまい人、月に40-50万円をコンスタントに稼ぐ人はこの状況把握能力が他の人よりも優れているだと思います。

終日の稼働から帰ってきて、データをとっていると一日がすぐに終わってしまうので日によっては、一般的な会社での労働より忙しいかもしれませんね。

まとめ

以上のように、スロプロのメリット、デメリットを上げてみました。

その中で感じたのは、メリットとデメリットは表裏一体ということです。

休日や稼働時間を思いのままにできるということは、モチベーションが低下すると、稼ぐ時間が減るということです。

稼働を休んでゲームに熱中してしまい、スロットが嫌になったという話も聞いたことがあります。

みなさんも今の仕事のメリット、デメリットについて今一度考えて頂くと、新たな選択肢が開けるかもしれません。

それでは、また!

 

こちらの記事もオススメ!

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう