スポンサーリンク

ディスクアップを打ち始めたばかりのころ、私のビタ押し成功率は30%ほどでした…

あまりにひどい…((゚Д゚;))ガタガタ

 

ですが、「もっと楽しくディスクアップを打つためにビタ押しが上手くなりたい!

そこで検証をすることにしました!

それが、「ディスクアップだけを3日間打ち続けたらどのくらいビタ押しは上達するのか⁉」というもの。

その中でビタ押し成功率が上がったコツが3つあったので、それを今回は紹介したいと思います。

なお、本記事はディスクアップ初心者、なおかつ目押しが苦手な人向きです!

今、目押しが8割くらいできるよという方にはお役に立てないと思います…

「目押しが上達しなくて困ってる。」

「ほんとに上達するの?」

という方はぜひ参考にしてみてください!

結論から言うと…

ディスクアップの目押しは上達します!!

 

根拠は3日間連続でディスクアップをうつことで私のビタ押し成功率は30%66%まで上がったからです!

この結果は正直自分でもビックリしました!

検証前は目押しはセンスだと思っていたのですが、どうやらそうとも言い切れないようです!

 

全く明るくない管理人
安心してください!あなたのビタ押し成功率上がりますよ!!

 

話を深堀りして、どうしてここまでビタ押し成功率が上がったのか?についてですが…

上達の理由で最も大きかったのは「慣れ」だと思います!

 

「慣れ??特別な方法はないのかよ…」と落胆した方もいらっしゃるかもしれません。

ですが、数をこなしさえすればある程度のレベルまで上達するととらえることもできます!

おそらく普通に目押しが出来るレベルであれば、ほとんどの人が慣れによってビタ押し成功率を50%以上にできると思います!!

 

普段の目押しでもばんばん取りこぼしてしまう私が言うので、ある程度の信ぴょう性はあるはず( ´∀`)bグッ!

ですが、BIG中にただただ目押しをしていたわけではなく、これには気を付けようと心がけたことがありました

スポンサーリンク

ディスクアップのビタ押しを上手くなるために心がけた3つのこと

私は3日間でディスクアップのビタ押し精度を30%から66%まで上げたのですが、その際に心がけたことを紹介します!

それがこちら↓

①ミスをするときは必ず遅めに押してミスをする

②見て押すというよりタイミングを覚えることに集中する

③BIG中は毎ゲームビタ押しの練習をする

これだけでは意味が分からないとおもうので、順番に説明していきますね!

①ミスをするときはかならず遅めに押してミスをする

ディスクアップのビタ押しの際、ほとんどの人は青7をねらっていると思います。

あなたがビタ押しをミスをした時のことを思い浮かべてください。

ほとんどの人が早めに押してしまいミスをすることが多いのではないでしょうか?

早めに押してしまう原因は焦り緊張からでしょう。

私も早めに押してミスをすることが多かったです!

 

なので、ミスをするときはかならず遅めに押してミスをするように心がけました!

 

「早めに押してしまうミスはしない…早めには押さない」と念じながら打つことでミスをする回数が少なくなりました!

早めに押してしまうことが多い人はぜひ実践してみて下さい!

逆に、遅めに押してしまうことが多い人は、遅めにはミスをしないと心がけて練習するといいかもしれません。

見て押すというよりタイミングを覚えることに集中する

ディスクアップのビタ押し成功率が上がらないのは、動体視力がないからだと思っている方いないでしょうか?

ビタ押しが上手いライターの中には、直視といって回っているリールのすべてのコマが見えるという人がいます。

例えば、Aタイプにおいてトップクラスのライターのワサビさんはこの直視ができるそうで、ディスクアップのビタ押し成功率は95%オーバーみたいです。

 

この直視ができないと目押しは上手くならないという意見を聞いたことがあります。

ですが、そんなことはないはずです!

ある動画投稿者の方は直視はできないものの、ビタ押し成功率が90%オーバーという方がいらっしゃいます。

私自身ももちろん直視はできないもののビタ押し成功率はかなり上がりました。

 

ですのでズバリ!

リールのコマが正確に見えないのであれば、目で青7をおってビタ押しすることは諦めるのをオススメします!

リールを見ることに全神経を集中するのではなく、タイミングを覚えることに集中してみてください。

数をこなせば自分なりのタイミングがつかめてくるはずです!

 

私が久しぶりにディスクアップをうつと調子が崩れるのは、かなりタイミングに頼っているという証拠です。

ディスクアップのビタ押しは判定が優しいですから、十分タイミング目押しで成功率は上がりますよ!

BIG中は毎ゲームビタ押しの練習をする

多くの人が知っていると思いますが、BIG中はカットインが発生していなくても毎ゲームビタ押しの練習ができます!

ですので、ノーマルBIG中はもちろんハイパーBIG中も目押しの練習をするようにしましょう。

カットインが発生すると緊張や焦りからタイミングが狂うことがあります。

狂ってしまうタイミングをカットインが発生していないときに調整してやることでビタ押し成功率は格段に上がります!!

 

カットイン非発生時は練習、カットイン発生時は試合という感覚でBIGを消化してみましょう!

①と②を心がけつつ、多くの練習をすることがビタ押し成功率を上げる最短の道だと思います!

 

以上の3つを心がけることで、私のビタ押し成功率は3日でかなり上がりました。

3日間のデータ(総BIG回数、カットイン発生回数、検証メモ)を↓で紹介します!

3日間のディスクアップ検証データ

■検証・一日目

一日目
ノーマルBIG回数 ビタ押し成功回数 ビタ押し成功率
1回目 3/8 37%
5回目 4/12 33%
11回目 4/9 44%
12回目 8/11 72%
合計 47/97 48%

検証メモ:

コツがつかめず、試行錯誤するもののなかなかビタ押し成功率は上がらない…

12回目にようやく手ごたえをつかみ、1日目が終了。

 

■検証・二日目

二日目
ノーマルBIG回数 ビタ押し成功回数 ビタ押し成功率
1回目 4/7 57%
3回目 7/15 46%
6回目 2/13 15%
9回目 3/7 42%
10回目 6/7 85%
合計 50/103 48%

検証メモ:

前日、手応えを得て検証を終えました。

二日目のBIG1回目は、昨日の感覚を忘れているのではと不安でしたがなかなかのビタ押し成功率です。

 

この調子で成功率を上げていこうと意気込みましたがさほど上達せず、6回目あたりから疲れが見え始め青7が見えづらくなってしまいました。

最後にビタ押し成功率最高記録を更新するも、トータルのビタ押し成功率は48%。

タイミングを合わせてビタ押しというやり方なので、疲れタイミングのずれで成功率が大きく変わってしまうようです。

 

検証・3日目

3日目
ノーマルBIG回数 ビタ押し成功回数 ビタ押し成功率
1 8/13 61%
2 7/9 77%
3 5/8 62%
4 4/6 66%
合計 24/36 66%

検証メモ:

三日目はノーマルBIGが4回しか引けませんでした。

ですが明らかに検証前より青7が見えており、タイミングもつかめていました!

4回すべてがビタ押し成功率60%を超え、上手くなった実感が成果となって表れた一日となりました。

 

成功率が6割を超えてくると、周りの目もそこまで気になりませんでした!

まだまだ、成功率は上がる予感があるのでしばらく打ち続けてみたいと思います!

↓3日間のトータル成功率

ディスクアップ実践 トータルビタ押し成功率
一日目 48%
二日目  ↓  48%
三日目 66%

 

今回の記事のまとめ

この企画を始める以前は、ディスクアップの目押し成功率が30%ほどだった僕が最終的にはビタ押し成功率が66%にまで上がりました!

検証が終わった今もすっかりディスクアップにはまり打ち続けております。

そして成功率もさらに上がってきています。

 

今一度、私のディスクアップのビタ押し成功率が爆上がりしたコツをまとめておきます。

ビタ押し成功率を上げた3つのコツ
①ミスをする時はかならず遅めに押してミスをする
②見て押すことを諦めてタイミングを覚えることに集中する
③BIG中は毎ゲームビタ押しの練習をする

ディスクアップは本当に面白いので、ビタ押しができるようになってくると楽しさ倍増です!

それでは、今回の記事は以上になります!

 

■その他の検証企画はこちらから↓

https://rokusuro.com/category/kensyou-kikaku/

■ディスクアップの評価・感想まとめはこちら!

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう